建築設計事務所向けARアプリ

DateOctober 2019
Location北海道
Clientゼネコン 様
CategoryVR Development

施工前にVRを通して見ることで、施工後の調整や変更が難しい照明やコンセントなどをより使いやすい位置に動かすことの出来るシステムを開発しました。また、BIMソフトの一つであるRevitのデータとUnreal Engineとのデータの受け渡しを可能にすることで、VR中に変更した部分をRevitに反映することを可能にしました。
移動する物の表示・非表示や照明を移動させた時のライトの影響もリアルタイムで反映される。ベッドや棚、壁の照明などのどこかの面に接している状態で使用する物は移動できる範囲を指定できる。移動は、コントローラーを使い移動させることができるが、コントローラーのスティックを任意の方向に倒すころでも移動できる。また、移動量を10mm, 50mm毎などの細かく移動することもできる。

使用ソフト

Unreal Engine 4, Revit, MAXON CINEMA 4D